パンプアップは未来の姿?効果はたったの20分?

パンプアップは未来の姿?効果はたったの20分?

パンプアップは未来の姿?

腕や胸、肩がパンパンに張った状態の自分を鏡で見て思わずウットリしてしまった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。パンプアップしていない状態(コールドと呼びます)と、パンプアップしている状態では例えば腕周りの太さは人によっては2~3センチほども違うことがあります。それだけ違えば見た目的にもかなり迫力が増すことは確かですね。出典:https://yaziup.com/body-care/weight-training/18531

パンプアップした体は2ヶ月間筋トレした後の通常時の体だと言われています。パンプアップした体を見て「かっこいい自分」に浸るとモチベーションがUPします!出典:https://kazamashiki-kintoremethod.hatenablog.com/entry/2018/10/09/155207

パンプアップの持続時間

パンプアップは一時的な現象であり、持続時間の目安としては筋トレ直後から10~20分程度持続します。これは、筋肉に集まった水分や代謝物質は吸収されたり、違った部位へ運ばれてしまうからです。そのため、パンプアップが起こったからといって筋肉が成長したと考えるのはやめておきましょう。出典:https://smartlog.jp/153188#S22114066

パンプ・アップの功罪

パンプ・アップには複数の要因が関係することが考えられます。代謝産物を多量に生成するためのエネルギー消費、十分な時間局所性貧血を起こすための、筋力発揮時間などです。ですから、100回の腕立て伏せでも、10RMのベンチプレス5セットでも、見かけ上同様にパンプ・アップを起こせます。従って、パンプ・アップの有無だけではトレーニングの善し悪しを判別できませんが、適切な負荷領域を用いているのであれば、トレーニングの量やセット間のインターバルなどが適切であったかどうかの指標とはなり得るでしょう。一方、パンプ・アップは筋肉の可動域を減らし、筋力やパワーを一時的に低下させます。これらは、「動き」に悪影響を及ぼしますので、「動き作り」を伴うトレーニングでは、極力パンプ・アップを抑える方法が有用です。以前お話しした、動作初期にバリスティックに筋力発揮をする方法や、「初動負荷」と呼ばれる方法では、大きな筋力を発揮する時間が短いので、パンプ・アップが起こりにくいと考えられます。逆に「終動負荷」では、筋肉が血液をしぼり出すようにはたらくため、強くパンプ・アップするのでしょう。出典:https://www.webleague.net/information/coach/qandadet.php?qandaid=363&teachid=3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です