高齢者こそ筋トレが必要?様々な効果とは?

高齢者こそ筋トレが必要?様々な効果とは?

高齢者こそ筋トレが必要

年齢を重ねると筋肉量や筋力が落ち、思うとおりに体を動かしたり支えたりすることが難しくなることがあります。外を歩くことが辛いからといって外出を控えると、寝たきりにつながることもあります。高齢者の筋トレの目的は筋肉ムキムキになることではありません。体を支え動かすための筋肉量や筋力を維持し、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を維持・向上させるのが目的です。出典:https://vintage-villa.net/blog/info/senior-muscle-training.php

40代からの筋トレメニュー

普段パソコンを長時間使う方や、猫背になりがちで姿勢が悪いという方にお勧めの筋トレがこちらです。
肋骨周りをほぐして正しい姿勢にすることが出来るので、ストレッチ感覚で行ってみましょう。

1.ストレッチボール(無ければバスタオルを2枚重ねて丸めたもの)を肩甲骨の下において仰向けに寝る。

2.両手を耳の後ろにあて、胸と肘を大きく開きながら上体を倒す。

3.両肘を内側に入れながら上半身を少し起こす。

  ※胸を開くことを意識する

こちらは15回を目安に行ってみてください。出典:https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=76&category=muscle

腰痛や肩こりが改善する

体を支える筋肉が強くなると、腰も合わせてしっかり支えてくれます。そうなると腰痛も改善されます。また、肩こりは肩や首周辺の血行が悪くなって起こります。筋トレをすることで、肩や首周りの血行がよくなり、自然と肩こりが改善されます。出典:https://tariri-blog.com/work-out-32/#toc5

疲れにくい身体になる

40代になって、突然、疲れやすくなったと感じることはないだろうか。実は、疲れやすさにも、筋肉が関与していると言われている。筋肉中にあるミトコンドリアが身体のエネルギーを作っているのだが、ミトコンドリアは加齢に伴う筋力低下により減少するという傾向が見られる。これが、「疲れやすい」と感じる原因となっているようだ。筋トレをすることで、ミトコンドリアが増え、それがエネルギーを生成することで、疲れにくくなる。つまり、筋トレをすることは、疲れにくい身体を作ることにも役立つのだ。出典:https://moneytimes.jp/sense/detail/id=1987

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です