レストポーズ法っていったい何?そのやり方とは?

レストポーズ法っていったい何?そのやり方とは?

レストポーズ法とは?

筋肉を追い込むためのトレーニングテクニックの一つです。一言で言うと、セットの途中でバテた場合、通常の方法であればそこでセットを終了するところ、レストポーズ法では数秒の短いインターバルを挟んで、残りを行います。出典:https://kintorecamp.com/rest-pause-set/

レストポーズ法とは、『高重量&高レップ』で筋肉を追い込む方法の1つ。できる限りの回数を反復してから10~20秒の休憩をはさみ、またできる限りの回数を反復することを繰り返し、1回しかできなくなるまで行うトレーニング方法のことをいいます。出典:https://power-hacks.com/rest-pause/

レストポーズ法のやり方

例えば、ベンチプレスで5レップが限界の高重量をレストポーズ法で行う場合を考えます。

まずは5レップを通常通りこなします。5レップを終えた頃には乳酸がたまり、もう1回も挙げることができません。通常のストレートセット法ではここで2分ほどのインターバルをとってまた2セット目で5レップをこなすのですが、レストポーズ法では短いインターバル(30秒以下)をとります。短いインターバルをはさんで、また同じ重さを挙げにいきます。インターバルが短いため、おそらく2~3レップしかあがらないでしょう。そしてまた短いインターバルをとって、同じ重量を挙げます。
レストポーズ法は、これをあなたの気の済むまで繰り返して筋肉を追い込むトレーニング法です。出典:https://stoicotoko.com/rest-pose/

今回は重量は6RM(6レップスが限界の重量)に設定したとします。

この場合、最大レップ数は6レップスがマックスですが、レストポーズ法ではこれで8~10レップスを狙います。
普通に行えば5~6レップ目を挙上した際にはもう疲労により、次のレップが難しいとわかります。 
しかし、レストポーズ法ではそこで終わらずに、そのタイミングでバーを一度ラックに戻し、10~30秒の小休止を入れ再びレップします。
更に3レップも繰り返すと疲労が貯まるのでまたラックに小休止。
これを繰り返し、高重量(今回は6RM)で高レップ(今回は10レップほど)を行います。
これが「高重量、高レップ」のレストポーズ法です。出典:https://jinga-fitness.jp/rest-pause-training/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です