作成者アーカイブ: mukimuki

ホリスティックとは? ホリスティックというのは、「全体的な」または「包括的な」という意味があり、筋線維を作っている速筋と遅筋を極限まで使い切る方法と言えます。出典:http://www.takanishi-fumitoshi.com/%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83…

続きを読む

タンパク質の役割 タンパク質は体の組織をつくる大事な栄養素の一つで、筋肉や髪、肌などの材料はもちろん、体のエネルギー源にもなります。出典:https://cp.glico.jp/powerpro/training/entry15/ 筋トレとタンパク質 筋肉づくりにはタンパク質が必要といわれていますが…

続きを読む

瞬発力とは 瞬発力とは、瞬間的に大きな力を発揮する能力のこと。学校の体力測定などで行われる垂直跳びや立ち幅跳びは、瞬発力を測定する種目です。また、陸上競技での投擲(とうてき)種目やウエイトリフティングなどの競技も、瞬発力が成績を大きく左右します。瞬発力は、ただ筋力が向上すれば高まるものではありません…

続きを読む

テストステロンの効果を弱めてしまう行動 喫煙(電子タバコやニコチンガムを含む)。喫煙によってテストステロン値が上がるという報告があるものの、一方で、体内で利用されるテストステロンを下げるというデメリットもあります。出典:http://muscle.holdings/testosterone/#i-1…

続きを読む

プライオメトリクスとは 人はより高く、またはより遠くに跳躍したい時、跳躍前に素早いしゃがみこみを行います。これがプライオメトリクスです。 プライオメトリクスは主にジャンプ動作の時に使われる技術でバレーボールやバスケットボール、テニス、陸上などの様々な運動で使われています。立ち幅跳びや垂直跳びなどのジ…

続きを読む

ドローイング 「ドローイング」とは、お腹を凹ませる動作に腹式呼吸を組み合わせて、「腹横筋」を鍛えるトレーニングメニューです。インナーマッスルが鍛えられると代謝がアップするため、脂肪が燃焼しやすい肉体に仕上がります。出典:https://smartlog.jp/73657#S20340127 出産が楽…

続きを読む

テストステロンを高める行動とは? 笑うことでもテストステロンの分泌が促されると考えられています。笑いには他にも免疫力の向上や脳機能の活性化などの効果が期待されています。たまにはお笑い動画などを見て、息抜きしましょう!出典:https://myrevo.jp/fitness/391 姿勢を正すことでも…

続きを読む

ネガティブレップ法の使い方 ターゲットとする筋群の主要エクスサイズを選ぶ(例:胸のベンチプレス、肩のショルダープレス、背中のラットプルダウン、あるいは上腕二頭筋のバーベルカールでも良い)。そして必ず信頼のおけるスポッターに補助をしてもらう事。ここが結構大事な点です。上記の重量設定やレップ数での練習も…

続きを読む

代謝アップして太りにくくなる ダイエットに成功するコツは代謝を上げること、という話しを耳に挟んだことのある方もおられるでしょう。これは実際その通りですし、ダイエットに成功するにはいかに代謝を上げるかが重要になってきます。ドローインを行うと代謝もアップしますし、それによって太りにくくなります。脂肪をエ…

続きを読む

HIITはテストステロンを活性化させる? HIIT(High Intensity Interval Training)は短時間の運動と休憩を繰り返して体を追い込むトレーニング方法です。具体的なやり方をご説明します。最初に腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの種目を4つ選びます。各種目を20秒行い、10秒…

続きを読む

10/166