作成者アーカイブ: mukimuki

レジスタントレーニングの効果 レジスタンストレーニングの効果としては,神経系の改善,筋力の増加,筋肥大,筋線維組成の変化,そして,運動機能の向上などが挙げられます。出典:http://sugp.wakasato.jp/Material/Medicine/cai/text/subject03/no4/…

続きを読む

ドローイングは簡単 健康やダイエットのためには適度な運動が必要なことは皆さんわかっていると思います。でも、運動そのものが苦手だと、なかなか重い腰が上がらないのではないでしょうか。その点ドローインは、運動神経を必要としていません。運動が苦手でも嫌いでも、簡単にできるのです。出典:https://www…

続きを読む

テストステロンとカフェイン 手軽にテストステロンを高められる方法の一つにカフェインの摂取があります。カフェインはテストステロンを増加させると考えられており、その効果を伝える研究報告も多数あります。一例として、トレーニング前に800mgのカフェインを摂取したラグビー選手たちのテストステロン値が21%上…

続きを読む

逆腹式呼吸とは? 名前の通り腹式呼吸とは逆で、息を吐く時にお腹を膨らませ、息を吸う時にへこませる呼吸法です。出典:https://japassie.com/diet/ 具体的なやり方 息を吸う時にお腹を引っ込めて 息を吐く時にはお腹をふくらませます。 ふつうの腹式呼吸とは逆になります。 6秒かけて吸…

続きを読む

ネガティブレップ法 ネガティブレップ法は、筋肉­が伸びながら力を発揮するエキセントリック収縮(下ろす動作または戻す動作)を重視して反復するトレーニングテクニックです。筋繊維の損傷を促すことから筋肥大に有効とされています。出典:https://www.kintore.tv/negative-rep/…

続きを読む

テストステロンが分泌される筋トレメニュー 大きな筋肉を鍛えたり、強度の高いきつめのトレーニングを行ったりすると、より多くのテストステロンが分泌されるのです。特にテストステロンを出させてくれるのが、筋肉量が多い下半身の筋肉を鍛えるスクワットのような種目やベンチプレス・懸垂のように大きな負荷でできるメニ…

続きを読む

呼吸するだけでダイエットになる? 毎日欠かさずしている「呼吸」は、酸素を取り込み、不要な二酸化炭素を排出する、生きていくために必要なことです。実は、呼吸方法を意識することがダイエット効果につながると言われています。出典:https://toplog.jp/860532 正しい呼吸の仕方 理想的な呼吸…

続きを読む

乳酸はエネルギー源? 最新の研究では、高負荷の運動時に、糖質がエネルギーとして使われる際に乳酸が産生され、筋肉の細胞のエネルギー源として再利用されることがわかっています。運動中の脳内でも神経細胞のエネルギー源として乳酸が働くことも確認されています。出典:https://www.tyojyu.or.j…

続きを読む

ドローイングと腹筋運動の違い 腹筋を鍛えるなら、普通の腹筋運動でも良いのではないか?と思われるかもしれません。しかし横になって頭を持ち上げる腹筋運動では、アウターマッスル(表層筋)とって、もっと浅い位置にある筋肉しか鍛えることが出来ないのです。例えばお腹でいうと「腹直筋」です。いわゆる「シックスパッ…

続きを読む

テストステロンを増やすには? テストステロンは筋トレの質を上げてくれますが、筋トレもまたテストステロンの量を増やしてくれます。筋トレで筋肉に負荷をかけると筋肉にストレスが入り、それを脳が感知してテストステロンが分泌されます。筋トレを行うことでテストステロンが活性化し、それによって筋トレがより良いもの…

続きを読む

20/166