カテゴリーアーカイブ: トレーニングジム

パンプアップをより得るための条件 パンプアップは、働いている筋肉に十分な栄養素を与えるため、多量の血流を供給することによって起こります。したがって、血液に適切な栄養素が含まれていることが重要になります。ここでいう適切な栄養素とは、主にエネルギーとなる炭水化物のことです。炭水化物は身体の第一の燃料源で…

続きを読む

高齢者こそ筋トレが必要 年齢を重ねると筋肉量や筋力が落ち、思うとおりに体を動かしたり支えたりすることが難しくなることがあります。外を歩くことが辛いからといって外出を控えると、寝たきりにつながることもあります。高齢者の筋トレの目的は筋肉ムキムキになることではありません。体を支え動かすための筋肉量や筋力…

続きを読む

ヨガとフィットネス両方揃ったスタジオ ルネサンスなら、ホットスタジオ以外にもジムエリアのマシンやプールなど、すべての施設を使い放題。 ホットヨガによって代謝を向上させたところに他のトレーニングも取り入れていくことで、より高い運動効果が得られます。 ルネサンスは、「なりたい自分」を叶えるための最短距離…

続きを読む

筋肉痛と年齢の関係性 「筋肉痛が2~3日後にくるのは、歳をとった証拠」という言葉をよく聞きますが、筋肉痛と年齢に因果関係はないとされています。関係があるのは“運動強度”です。強度が高い運動を行うと筋肉痛は比較的早く訪れ、逆に強度が低い運動を長時間行うようなパターンでは、筋肉痛が遅れてやってくることが…

続きを読む

ベンチプレスのレストポーズ法 1. 80~90%1RMの重量を選ぶ。この場合は1RMが100kgなので、85kgとする。 2. 85%1RMなので、6回は確実にできる。7~8回やるのがおそらく限界。 3. ウォームアップ後、85kgでベンチプレスを6回行う。 4. 一度バーをラックに戻し、20~30…

続きを読む

筋肉痛のメカニズムは不明 筋トレをした翌日や翌々日にやってくる痛み。このような一般的な筋肉痛は「遅発性筋肉痛」と言う。この「遅発性筋肉痛」は、数日から1週間程度で自然に治癒するが、そのメカニズムははっきりとわかっていない。激しい運動により筋繊維が損傷することで炎症が起こり、筋繊維の修復時に痛みが起こ…

続きを読む

レストポーズ法の注意点 レストポーズ法で重要なのは、筋肉が完全に回復しきっていない状態でさらにレップを重ね、筋肉を追い込んでいくことにあります。 そのため、間に挟むインターバルが長くなってしまうのは意味がなくなるので注意します。 インターバルが長すぎると、普通のセット方法と変わらなくなってしまいます…

続きを読む

パンプアップは未来の姿? 腕や胸、肩がパンパンに張った状態の自分を鏡で見て思わずウットリしてしまった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。パンプアップしていない状態(コールドと呼びます)と、パンプアップしている状態では例えば腕周りの太さは人によっては2~3センチほども違うことがあります。それだけ違…

続きを読む

レストポーズ法をおすすめしたい人って? 筋トレ中級以上の人。レストポーズ法は筋肉を限界まで追い込むテクニックなので、オーバートレーニングになるリスクもあり、疲労度を考慮したうえでの調整が必要となります。 筋トレで追い込むことは重要ですが、やりすぎは逆に成果に悪影響を及ぼすこともあります。 また、追い…

続きを読む

レストポーズ法とは? 筋肉を追い込むためのトレーニングテクニックの一つです。一言で言うと、セットの途中でバテた場合、通常の方法であればそこでセットを終了するところ、レストポーズ法では数秒の短いインターバルを挟んで、残りを行います。出典:https://kintorecamp.com/rest-pau…

続きを読む

10/79