カテゴリーアーカイブ: トレーニングジム

徒手抵抗ストレッチとは? 主に二人がペアになって、一人がもう一人に対して伸ばしたい筋肉に抵抗をかけ、その後ゆっくりと伸ばしていくストレッチ方法です。このストレッチ方法を行うには、しっかりとした理論と技術を習得することが必要です。出典:http://www.cramer.co.jp/1603-1/ 徒…

続きを読む

バリスティックストレッチとは? 身体を充分に温めた状態で行います。股関節や肩甲帯を中心に、手足に弾みをつけ、振り子のように反動を使って動かします。最初は小さい動きから始め、徐々に大きく、最大可動域を高めるように行います。ダイナミックストレッチに加えて、関節の可動域を拡げ、筋の反応(収縮と弛緩)を良く…

続きを読む

ダイナミックストレッチとは? 体幹、肩甲帯けんこうたい、股関節を支点にして、目的を持ったあらゆる動作で動かしながら、身体の血液循環から筋温を高めると同時に、神経から筋への伝達速度と柔軟性を効果的に高めていく方法で、ウォーミングアップ時に効果的です。出典:http://www.cramer.co.jp…

続きを読む

スタティックストレッチとは? 静的ストレッチングのことです。ゆっくりと筋肉を伸ばし、伸張限界点で目的に応じて15〜60秒体を静止しておくストレッチングです。反動をつけて行うバリスティック・ストレッチと比べて安全で効率よく筋の伸張ができる利点があります。出典:https://www.bodymake.…

続きを読む

バーンアウト法とは? ウェイトトレーニングの運動法のひとつで筋肥大を目的とする場合に用いられます。セットの終わりに、さらに数回できる運動動作(エクストラ・レップ)を付け加えることにより、筋肉に血液を余分に送ったり、また乳酸を溜めこむことで焼け付くような感覚が得る方法です。筋繊維は疲労物質と血液に満た…

続きを読む

ケミカルストレスとは? ケミカルとは、「科学的な」という意味があります。これは、筋肉を使い続けて乳酸などの疲労物質が溜ったり、成長ホルモン(GH)やテストステロン、PGC-1といったようなホルモンが分泌されます。このケミカルストレスによって生成されるホルモンをうまく分泌させることで筋肉を成長させるこ…

続きを読む

メカニカルストレスとは? 多様なストレスの中で,機械的ストレス(メカニカルストレス)は,生体内の細胞や組織に負荷される物理的,力学的な刺激である。これは,生体外からの力学的負荷だけではなく,細胞の形態変化や移動に伴って生じる内因性の刺激も含む。出典:http://www.jbsoc.or.jp/se…

続きを読む

ジャィアントセット法とは? ジャイアントセット法は4種目以上のトレーニングをインターバルなしで行うためだからです。ジャイアントセット法での種目の選択方法ですが,基本的に4種目以上の種目を選択するれば良いです。例えば,胸をトレーニングする日であれば,胸の種目を4種目以上連続で実施します.このとき,グリ…

続きを読む

コンディショニングとは? コンディショニング(Conditioning)とは、スポーツパフォーマンスを最大限に高めるために、筋力やパワーを向上させつつ、柔軟性、全身持久力など競技パフォーマンスに関連するすべての要素をトレーニングし、身体的な準備を整えることと定義されます。また、一般の人々にとっては、…

続きを読む

コアマッスルとは? 体幹の筋肉。特に、背骨や骨盤の周囲にあるインナーマッスル(深層筋)のこと。出典:https://kotobank.jp/word/%E3%82%B3%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%AB-683540 コアマッスルとは3つの筋肉…

続きを読む

20/45