カテゴリーアーカイブ: トレーニングジム

レジスタンス運動の目的 レジスタンス運動は主に筋力を向上させることを目的に行われます。さらに負荷や頻度、回数を調整することで筋力だけでなく、筋持久力、筋パワーを向上させることができます。出典:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shintai-trai…

続きを読む

ストレッチングとは ストレッチングとは筋を伸ばす柔軟体操のことで、ストレッチとは「伸ばす」という意味です。ストレッチングは、1970年代に柔軟性を高めるための運動として、アメリカのボブ・アンダーソンにより開発されました。身体をリラックスさせたり疲れをとったり、体調を整える等の目的で行われます。 筋を…

続きを読む

ディセンディング法 ドロップセット法とも呼ばれ、筋トレセットの組み方のなかでも筋肥大に効果の高いトレーニング方法です。ですが逆に最大筋力(MAXパワー)を向上させる点に置いては不向きかもしれません。ディセンディングセット法は、ダンベル・バーベル・マシンなど、素早く使用重量を変更できるトレーニングで行…

続きを読む

ホリスティックとは? ホリスティックというのは、「全体的な」または「包括的な」という意味があり、筋線維を作っている速筋と遅筋を極限まで使い切る方法と言えます。出典:http://www.takanishi-fumitoshi.com/%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83…

続きを読む

瞬発力とは 瞬発力とは、瞬間的に大きな力を発揮する能力のこと。学校の体力測定などで行われる垂直跳びや立ち幅跳びは、瞬発力を測定する種目です。また、陸上競技での投擲(とうてき)種目やウエイトリフティングなどの競技も、瞬発力が成績を大きく左右します。瞬発力は、ただ筋力が向上すれば高まるものではありません…

続きを読む

プライオメトリクスとは 人はより高く、またはより遠くに跳躍したい時、跳躍前に素早いしゃがみこみを行います。これがプライオメトリクスです。 プライオメトリクスは主にジャンプ動作の時に使われる技術でバレーボールやバスケットボール、テニス、陸上などの様々な運動で使われています。立ち幅跳びや垂直跳びなどのジ…

続きを読む

ドローイング 「ドローイング」とは、お腹を凹ませる動作に腹式呼吸を組み合わせて、「腹横筋」を鍛えるトレーニングメニューです。インナーマッスルが鍛えられると代謝がアップするため、脂肪が燃焼しやすい肉体に仕上がります。出典:https://smartlog.jp/73657#S20340127 出産が楽…

続きを読む

ネガティブレップ法の使い方 ターゲットとする筋群の主要エクスサイズを選ぶ(例:胸のベンチプレス、肩のショルダープレス、背中のラットプルダウン、あるいは上腕二頭筋のバーベルカールでも良い)。そして必ず信頼のおけるスポッターに補助をしてもらう事。ここが結構大事な点です。上記の重量設定やレップ数での練習も…

続きを読む

代謝アップして太りにくくなる ダイエットに成功するコツは代謝を上げること、という話しを耳に挟んだことのある方もおられるでしょう。これは実際その通りですし、ダイエットに成功するにはいかに代謝を上げるかが重要になってきます。ドローインを行うと代謝もアップしますし、それによって太りにくくなります。脂肪をエ…

続きを読む

レジスタントレーニングの効果 レジスタンストレーニングの効果としては,神経系の改善,筋力の増加,筋肥大,筋線維組成の変化,そして,運動機能の向上などが挙げられます。出典:http://sugp.wakasato.jp/Material/Medicine/cai/text/subject03/no4/…

続きを読む

30/79