カテゴリーアーカイブ: トレーニングジム

スロートレーニング 反復動作をゆっくり行うトレーニング法です。例えばシットアップでは腹直筋を意識しながらフィニッシュまで5秒かけて起こし、5秒かけてスタートポジションまで戻ります。動作中常に筋緊張状態を解かないようにすることが重要です。筋緊張時間を長くすることで軽い負荷でも強度を高めることができます…

続きを読む

ストリクトの意味とは? 筋力トレーニング(筋トレ)の際に、本来鍛えるべき筋肉のみに負荷をかけることを意味する語。筋肉に正しく負荷をかけ、トレーニングの正しいフォームを身につける上で基本となる方法であり、特に初心者には、一般的にこの方法をとることが推奨されている。「ストリクト」に対して、それ以外の筋肉…

続きを読む

ステップエクササイズとは? STEPエクササイズ(ステップエクササイズ、STEP EXERCISE)は、日常生活で行われている階段の昇り降りのような動きをすることで下肢の大筋群などを活発に動かす全身運動。音楽に合わせて踏み台を昇降する形式の有酸素運動である。STEPトレーニング(ステップトレーニング…

続きを読む

スタビライザーとは? 直訳すると「安定装置」という意味ですが、トレーニングの世界では主動筋を補助する筋群を意味します。出典:https://www.bodymake.jp/dictionary-of-bodymake-fitness.html スタビライゼーションとは? 耳慣れない言葉だと思いますが…

続きを読む

徒手抵抗ストレッチとは? 主に二人がペアになって、一人がもう一人に対して伸ばしたい筋肉に抵抗をかけ、その後ゆっくりと伸ばしていくストレッチ方法です。このストレッチ方法を行うには、しっかりとした理論と技術を習得することが必要です。出典:http://www.cramer.co.jp/1603-1/ 徒…

続きを読む

バリスティックストレッチとは? 身体を充分に温めた状態で行います。股関節や肩甲帯を中心に、手足に弾みをつけ、振り子のように反動を使って動かします。最初は小さい動きから始め、徐々に大きく、最大可動域を高めるように行います。ダイナミックストレッチに加えて、関節の可動域を拡げ、筋の反応(収縮と弛緩)を良く…

続きを読む

ダイナミックストレッチとは? 体幹、肩甲帯けんこうたい、股関節を支点にして、目的を持ったあらゆる動作で動かしながら、身体の血液循環から筋温を高めると同時に、神経から筋への伝達速度と柔軟性を効果的に高めていく方法で、ウォーミングアップ時に効果的です。出典:http://www.cramer.co.jp…

続きを読む

スタティックストレッチとは? 静的ストレッチングのことです。ゆっくりと筋肉を伸ばし、伸張限界点で目的に応じて15〜60秒体を静止しておくストレッチングです。反動をつけて行うバリスティック・ストレッチと比べて安全で効率よく筋の伸張ができる利点があります。出典:https://www.bodymake.…

続きを読む

バーンアウト法とは? ウェイトトレーニングの運動法のひとつで筋肥大を目的とする場合に用いられます。セットの終わりに、さらに数回できる運動動作(エクストラ・レップ)を付け加えることにより、筋肉に血液を余分に送ったり、また乳酸を溜めこむことで焼け付くような感覚が得る方法です。筋繊維は疲労物質と血液に満た…

続きを読む

ケミカルストレスとは? ケミカルとは、「科学的な」という意味があります。これは、筋肉を使い続けて乳酸などの疲労物質が溜ったり、成長ホルモン(GH)やテストステロン、PGC-1といったようなホルモンが分泌されます。このケミカルストレスによって生成されるホルモンをうまく分泌させることで筋肉を成長させるこ…

続きを読む

50/79