カテゴリーアーカイブ: ボディメイク

テストステロンの効果を弱めてしまう行動 喫煙(電子タバコやニコチンガムを含む)。喫煙によってテストステロン値が上がるという報告があるものの、一方で、体内で利用されるテストステロンを下げるというデメリットもあります。出典:http://muscle.holdings/testosterone/#i-1…

続きを読む

テストステロンを高める行動とは? 笑うことでもテストステロンの分泌が促されると考えられています。笑いには他にも免疫力の向上や脳機能の活性化などの効果が期待されています。たまにはお笑い動画などを見て、息抜きしましょう!出典:https://myrevo.jp/fitness/391 姿勢を正すことでも…

続きを読む

HIITはテストステロンを活性化させる? HIIT(High Intensity Interval Training)は短時間の運動と休憩を繰り返して体を追い込むトレーニング方法です。具体的なやり方をご説明します。最初に腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの種目を4つ選びます。各種目を20秒行い、10秒…

続きを読む

テストステロンとカフェイン 手軽にテストステロンを高められる方法の一つにカフェインの摂取があります。カフェインはテストステロンを増加させると考えられており、その効果を伝える研究報告も多数あります。一例として、トレーニング前に800mgのカフェインを摂取したラグビー選手たちのテストステロン値が21%上…

続きを読む

逆腹式呼吸とは? 名前の通り腹式呼吸とは逆で、息を吐く時にお腹を膨らませ、息を吸う時にへこませる呼吸法です。出典:https://japassie.com/diet/ 具体的なやり方 息を吸う時にお腹を引っ込めて 息を吐く時にはお腹をふくらませます。 ふつうの腹式呼吸とは逆になります。 6秒かけて吸…

続きを読む

呼吸するだけでダイエットになる? 毎日欠かさずしている「呼吸」は、酸素を取り込み、不要な二酸化炭素を排出する、生きていくために必要なことです。実は、呼吸方法を意識することがダイエット効果につながると言われています。出典:https://toplog.jp/860532 正しい呼吸の仕方 理想的な呼吸…

続きを読む

乳酸はエネルギー源? 最新の研究では、高負荷の運動時に、糖質がエネルギーとして使われる際に乳酸が産生され、筋肉の細胞のエネルギー源として再利用されることがわかっています。運動中の脳内でも神経細胞のエネルギー源として乳酸が働くことも確認されています。出典:https://www.tyojyu.or.j…

続きを読む

ドローイングと腹筋運動の違い 腹筋を鍛えるなら、普通の腹筋運動でも良いのではないか?と思われるかもしれません。しかし横になって頭を持ち上げる腹筋運動では、アウターマッスル(表層筋)とって、もっと浅い位置にある筋肉しか鍛えることが出来ないのです。例えばお腹でいうと「腹直筋」です。いわゆる「シックスパッ…

続きを読む

テストステロンを増やすには? テストステロンは筋トレの質を上げてくれますが、筋トレもまたテストステロンの量を増やしてくれます。筋トレで筋肉に負荷をかけると筋肉にストレスが入り、それを脳が感知してテストステロンが分泌されます。筋トレを行うことでテストステロンが活性化し、それによって筋トレがより良いもの…

続きを読む

乳酸とは? 乳酸(にゅうさん、lactic acid)は、有機化合物で、ヒドロキシ酸の1種である。キラル中心を1つ持つため鏡像異性体が存在するので、R体かS体かの区別が必要な場合がある。乳酸の塩やエステルは ラクタート あるいは ラクテート(lactate)と呼ぶ。解糖系の生成物として現れる。出典:…

続きを読む

10/57