カテゴリーアーカイブ: ボディメイク

筋持久力とは? 筋肉が一回の収縮で発揮する力と筋肉が繰り返し収縮し続ける能力。 筋力とは文字通り筋肉の発揮できる能力のことですが、1回で持ち上げることの出来る最大重量によって筋力は計られます(最大筋力)。 筋持久力とは繰り返しの負荷を何回続けられるかというある特定の筋肉の持久力のことです。出典:ht…

続きを読む

機能解剖学とは? 人体を形成する骨格と筋は、我々の意思を反映した運動を可能にする。人体の構造と機能は、スポーツ科学を学習する者にとって必須の知識である。出典:http://www.n-fukushi.ac.jp/syllabus/syllabus2017/sports_kamoku/190_GA25…

続きを読む

キネシオロジーとは? キネシオロジーとは、人間またはそれ以外の生物の身体の運動の科学的研究である。生理学的、生体力学的、心理学的な運動原理および運動機構を扱う。ヒューマン・キネシオロジーなど、キネシオロジーの人間の健康への適用には、生体力学・整形外科 – 体力とコンディション、スポーツ心…

続きを読む

ROMとは? Range Of Motionの略。関節可動域は、関節における異常を発見するための検査法である。出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E7%AF%80%E5%8F%AF%E5%8B%95%E5%9F%9F ある関節の動かせる範囲のことを関…

続きを読む

カプサイシンとは? カプサイシン (capsaicin) はアルカロイドのうちカプサイシノイドと呼ばれる化合物のひとつ。部分構造にバニリン由来のバニリル基を持つために、バニロイド類にも属す。唐辛子の辛味をもたらす主成分で、辛味の指標であるスコヴィル値における基準物質。化合物名はトウガラシ属の学名Ca…

続きを読む

カルニチンとは? カルニチン(carnitine)は、生体の脂質代謝に関与するビタミン様物質で、アミノ酸から生合成される誘導体である。動物の体内で生合成されるため必須アミノ酸ではないが、摂取不足や過剰消費によって欠乏症を発症することがある。獣肉類の赤身に多く含まれる[3]。カルニチンは、生体内で脂質…

続きを読む

カフェインとは? カフェインは、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンの誘導体として知られている。興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である[10]。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。出典:https:…

続きを読む

カーボローディングとは? カーボローディング(グリコーゲンローディング)は、カラダを動かすエネルギー源である糖質を、試合前にできるだけ体内にため込んでおくための食事戦略のことです。食事により摂り込んだ糖質は、筋肉や肝臓にグリコーゲンとして貯蓄されます。カラダを動かすのに使われる血中のグルコースが失わ…

続きを読む

X脚とは? X脚(外反膝とも言われる)とは、両膝が内側に彎曲した状態で、左右の膝の内側(大腿骨内果部)をそろえても、左右の内くるぶし(足関節内果部)が接しないものをいいます。出典:https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/bowleg_and_genu_…

続きを読む

O脚とは? O脚は、正式には内反膝(ないはんしつ)と言います。足をそろえて(くるぶしをくっつけて)立ったときに、両膝の間が開く状態です。出典:https://epark.jp/epark-report/kusuri/oleg-correction/ O脚かどうかの確かめ方 “ O脚かどう…

続きを読む

20/36