カテゴリーアーカイブ: ボディメイク

筋トレでテストステロン値が上がる? テストステロンや筋肉を増加させたいのであれば、まずやるべきなのは筋トレです。筋トレは筋肥大にはもちろん、テストステロンの分泌にとっても重要な役割を果たします。筋トレによって筋肉がストレスを受け取ると、脳がそれに応答して筋肉を成長させるホルモンを分泌するように指令を…

続きを読む

ドローイングとは? ドローイングとは意識的にお腹を凹ませて腹筋を刺激するトレーニングのことです。ドローイングではなく「ドローイン」と短く表記することもあります。出典:https://xn--28ji0do8519fmtc.com/drawing-2906 「ドローイング」とは、お腹を凹ませる動作に腹…

続きを読む

テストステロンの働き テストステロンは骨や筋肉、血液をつくり、体脂肪を減らして男らしい肉体をつくる働きがあります。出典:http://shogyokai.jp/articles/-/1147 テストステロンとはいったいどのようなホルモンなのでしょうか。テストステロンは、体内のエネルギー利用をサポート…

続きを読む

テストステロンの糖代謝におけるメカニズム 最近の研究では、テストステロンが糖代謝を部分的に制御する役割を背負っていることが分かりました。テストステロンはGenomicにはアンドロゲン受容体を通じて糖代謝における大事な遺伝子(Glut4)のmRNA発現の増加、non-genomicにはグルコース取り込…

続きを読む

テストステロンが減少すると太りやすい! テストステロン値が低い人は、内臓脂肪が増加しやすい。つまり、お腹がせり出たメタボ体型になりやすいのです。 また、鬱、やる気が出ない、不眠、疲れやすいなど、テストステロンが減ることで男性にとって心身に多くの不調が出ることが分かっています。出典:http://sh…

続きを読む

筋肉におけるテストステロンの重要な役割 中年男性がジムなどで鍛えても20代の身体をなかなか再現できない一因としては、テストステロンの低下があげられます。健康な男性の血中テストステロン濃度は350から1000 ng/dLが正常といわれています。一方、男性のテストステロンは20代にピークを迎え下り坂にな…

続きを読む

テストステロンとは? 男性の健康のバロメーターともいうべき重要なものに、テストステロンというホルモンがあります。これは主要な男性ホルモンで、男性の精巣(睾丸)と副腎、女性の場合は卵巣、脂肪、副腎でつくられます。出典:http://shogyokai.jp/articles/-/1147 テストステロ…

続きを読む

体幹トレーニングとは? 体幹とは主に、脊柱起立筋群・腸腰筋群・腹筋群・横隔膜・肋間筋群・臀筋群・骨盤底筋群など胴部に関わる筋肉群の総称です。回旋肩板筋(ローデーターカフ)や股関節回旋筋群も含めている場合もあります。これらのほとんどは身体支持やバランス支持を司るインナーマッスルであり、体幹トレーニング…

続きを読む

細マッチョの5つの定義とは? ・腹筋が割れている ・腹筋以外の筋肉は少なめ ・洋服やスーツを着ているとスタイルが良く見える ・体脂肪12パーセント以下 ・筋肉量が体重の37~41パーセント出典:https://deai-jouseki.jp/lean-body-definition/ 細マッチョは自…

続きを読む

ソフトマッチョとは? 明確な基準はありませんが、近年のソフトマッチョとは、ボクサーやダンサー、サッカー選手や水泳選手のように、余計な体脂肪が少なく、筋肉質ではあるけれどスマートな体型のことをソフトマッチョと表現されています。男性の憧れる体型からではなく、日本女性の好む逞しい男性像から、この言葉が生ま…

続きを読む

30/66