カテゴリーアーカイブ: 筋トレ

テストステロンが分泌される筋トレメニュー 大きな筋肉を鍛えたり、強度の高いきつめのトレーニングを行ったりすると、より多くのテストステロンが分泌されるのです。特にテストステロンを出させてくれるのが、筋肉量が多い下半身の筋肉を鍛えるスクワットのような種目やベンチプレス・懸垂のように大きな負荷でできるメニ…

続きを読む

個別性の原則とは? 筋力には個人差がある為、怪我を防ぐためにも、 その人それぞれの体力、習慣、性格、年齢などに合わせてトレーニングを行うことが大切です。出典:https://www.ishokudogen.com/blog/kintore3-5/?bkCate=column-health&…

続きを読む

そもそも漸進とは? 1 順を追ってだんだんに進むこと。「目標に向かって漸進する」⇔急進。 2 少しずつ進歩すること。「漸進的に改良される」⇔急進。出典:https://dictionary.goo.ne.jp/jn/126561/meaning/m0u/ 漸進性の原則とは? トレーニングを続けて体力…

続きを読む

反復性の原則とは? レーニングは継続して行うことで効果を得られるという原則です。体力向上のトレーニング、技術向上のトレーニング、どちらも継続的にトレーニングをすることで効果を得られやすくなります。高い能力を望むのであれば長期間にわたってトレーニングを継続させる必要があります。出典:http://ar…

続きを読む

全面性の原則とは? 一つの筋肉だけを鍛えてもバランスが悪く、怪我などのリスクにも繋がる為、 トレーニングする際は、全身をバランスよく鍛えることが大切です。出典:https://www.ishokudogen.com/blog/kintore3-5/?bkCate=column-health&#038…

続きを読む

特異性とは? あるものだけにみられる質的な特殊さ。また生物とかその要素とかの反応が,こうした特殊さによって左右されること。酵素あるいは抗体の特異性とは,狭い範囲の構造特性をもつ基質あるいは抗原のみに作用できることをいう。種特異性とは,生物の成分,その含有高分子の一次構造,形状,行動などが種類によって…

続きを読む

意識性とは? 心理学の用語。たとえば“リンゴ”という語を聞けば,その意味が即座にわかるが,その際,赤く丸い外形を思い浮かべたり,すっぱい味を口に感じているわけではない。このように,心像や感覚の媒介なしに事物が一挙に意識される場合をドイツの心理学者アッハN.Achは〈意識性〉と呼んだ。出典:https…

続きを読む

筋トレの停滞期とは 筋トレをしていてトレーニングの効果が感じられなくなる時期がやってきます。それが停滞期です。停滞期のメカニズムを知ることで、上手に乗り越えることができるでしょう。出典:https://extry.net/16482/ 身体は正直なもので、自分が扱える負荷で成長します。停滞期に入ると…

続きを読む

過負荷で筋肉は成長する? 筋肉は最大筋力を超えた負荷がかかると、次に同じような負荷がかかった時に、楽に対応できるように、強く大きくなろうと発達します。自らの限界を超えた危機的状況に陥って初めて筋肉は大きく成長するのです。筋力は筋肉の大きさに比例します。つまり大きな筋力を発揮するためには大きな筋肉が必…

続きを読む

可逆性とは? 可逆性とは、逆に戻ることが可能な性質のことです。変化の方向が一方通行ではなく、行き来ができるのです。例えば、水を冷凍庫に入れておくと氷になります。その氷を冷凍庫から出し、部屋の中に置いておくとまた水に戻ります。このとき、変化前の水に戻った氷は可逆性を持つと言えます。出典:https:/…

続きを読む

10/40