カテゴリーアーカイブ: 筋トレ

可逆性とは? 可逆性とは、逆に戻ることが可能な性質のことです。変化の方向が一方通行ではなく、行き来ができるのです。例えば、水を冷凍庫に入れておくと氷になります。その氷を冷凍庫から出し、部屋の中に置いておくとまた水に戻ります。このとき、変化前の水に戻った氷は可逆性を持つと言えます。出典:https:/…

続きを読む

工夫して筋肉を刺激する 筋肉に与える刺激を変化させるという意味では重さだけでなく、ベンチプレスのバーベルを握る幅だったり、いつもよりゆっくりバーベルを下ろしたり、いつもやる種目の順番を逆にしてみたりと色々工夫するのも効果的です。初心者のうちはこのやり方で面白いくらい、扱える重量、回数が増えるのでオー…

続きを読む

停滞期を突破するためには? 筋肉を大きく発達させるためには、レップ数を増やすのではなく、ウェイトを増やすようにしなければなりません。例えば「ベンチプレス:70kg×5レップ」できるなら、10~12レップまでとし、それ以上増やすのはオススメできません。何故なら、レップ数が増えると「最大筋力ではなく、筋…

続きを読む

筋トレを毎日するためには? 超回復は、トレーニングによって負荷がかかった部分だけに起こります。そのため、トレーニングする部分を細かく分けることで、超回復の効果を得ながら毎日トレーニングをすることが可能です。 もう少し、具体的に説明していきましょう。毎日トレーニングを行っている人は、たとえば「胸→背中…

続きを読む

筋肉が壊れるってどういうこと? 「筋肉が壊れる」という仕組みは、人間のカラダで日々当たり前のように行われているのです。運動などにより、筋肉を使ったり、瞬発的に激しい運動をしたりすると、筋肉の組織は壊れます。しかし、人間のカラダには、壊れてしまった組織を治そうとする力が備わっています。壊れてしまった組…

続きを読む

超回復にかかる時間 超回復が完了するまでに、次のトレーニングを行ってしまうと、破壊ばかりを繰り返してしまうので、効率が悪くなってしまうと考えられている。この24~48時間の間に、十分な休息や栄養をとることで、効率よく筋肉を大きくすることができるのだ。出典:https://moneytimes.jp/…

続きを読む

超回復 トレーニングを行うと、筋繊維が破壊される。筋線維が破壊されると、人間の身体は、壊れた組織を修復しようとする。この修復にかかるのが、一般的に24~48時間と言われている。筋線維が壊れてから修復するまでのプロセスを、超回復と呼ぶのだ。出典:https://moneytimes.jp/sense/…

続きを読む

筋肉は超回復で太くなる ウェイトトレーニングで追い込むと、筋線維にはミクロレベルの損傷が生じ、筋力は一時的に急降下する。ウェイトトレーニングは言わずと知れた無酸素運動。そのエネルギー源は主としてカラダに蓄えているグリコーゲンだ。ウェイトトレーニングはこれを絞り切るから終了後は補給が必要になる。傷んだ…

続きを読む

筋肉痛になるまで筋トレすべき? トレーニングをした翌日に筋肉痛になると、昨日のトレーニングがしっかりと筋肉に効いているな、これから筋肉がついてくるぞ!と期待してしまいます。また、残っている痛みから達成感も得られます。筋肉痛にならないことをがっかりされる方もいらっしゃるかもしれませんが、気にしすぎない…

続きを読む

筋肉痛のメカニズム 普段使わない筋肉や、同じ筋肉を使い過ぎたりすることで、筋繊維に細かい傷が付きます。すると、損傷した細胞を修復しようと、白血球やリンパ球などが集まり、炎症反応を起こします。この時に刺激物質(ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、プロスタグランジンなど)が生産され、筋膜(筋肉を包んで…

続きを読む

20/41